健康診断 血液検査 わかること

健康診断の血液検査からわかること

スポンサーリンク

健康診断で行われる血液検査は、血液の内容を調べ隠れている疾患などを特定する臨床検査項目の1つです。
血液は身体の隅々まで巡っているので、血液中に含まれている成分を分析することで、全身の組織や臓器の状態がわかり、身体に隠れている様々な問題などを発見することができます。
健康診断でわかることは極限られたことだけですが、そこに少しでも異常値や大きな変化が見られた時には、更に詳しい精密検査が必要となります。
健康診断は病気を見つけるのではなく、身体の変化を気付く為のものです。
病気により体調が変化し、それから病院に行っても既に病気が進行しているケースが多々あります。
早期に発見して早期に治療すれば、治る病気はたくさんあります。
その為に、健康診断の結果を見て異常値や大きな変化が見つかった場合は、必ず病院で検査を受けることが大切です。
スポンサーリンク

例えば、臓器が障害を受けて細胞が破壊された時、血液中や尿中にその臓器特有の物質が流出します。
血液検査でその物質を分析し健常時と比較することで、栄養状態をはじめ肝臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧、心臓病、高尿酸血症などの診断や治療効果の確認などに用いられます。
血液検査の項目は多数あり、1つの検査項目だけで判断することはせず、各検査項目の特性を理解し血液検査以外の各種検査を含め総合的に判断します。
血液検査は、健康状態を知る為には非常に有効な手段の1つです。
しかし、必ずしも全ての異常が現れるものではなく、わかることは限られています。
定期的な健康診断に参加をしたり、自覚症状がある場合には医師に相談をし必要な検査を実施する事が非常に重要です。
スポンサーリンク