健康診断 料金 学生

大学生の健康診断の料金と節約する方法

スポンサーリンク

大学生の場合、健康診断書が必要な場合は大きくわけて、奨学金の申請の場合と就職活動において相手方の企業に提出する場合があります。
奨学金の申請の場合は年に一度の提出で良いケースが多いため料金の負担は少ないといえます。
その反面、就職活動の場合は1つの会社だけを受験する事は考えにくいので複数の健康診断書が必要となります。
学生の場合、収入が少ないために極力健康診断にかける費用を節約したいです。
健康診断の料金は病院によって変動はありますが、一般的に1万円前後が相場となります。
ごく稀に5千前後で済む場合もありますが、田舎の診療所など経営度外視の所が多いです。
もっとも料金が安くても行う検査や、結果の精密度は同じなので可能ならば検査料が安い病院を見つけるのが節約のための有効な方法です。
スポンサーリンク

大学生が健康診断の料金を節約する方法として次に挙げられるのが、年に1度か2度ほど大学が実施する診断です。
これは大学が検査料を負担するので無料で受診できます。
無料であっても検査内容は血圧からレントゲン、脈拍や内科検診など通常の診断と同じため、奨学金の申請や就職活動の提出書類として遜色なく通用します。
この場合において注意するのは1つだけあって、それは検査は入学直後の4月に行われる大学が多いため、入学直後の情報収集には特に気をつける必要があります。
仮に大学での検査を逃してしまうと、自費で病院に検査に行くことになってしまうため料金と時間のロスにもつながります。そのような事態は避けるようにしていきましょう
検査の情報は事務室の広報誌や先輩からの情報から得ることが一般的です。
スポンサーリンク