健康診断 バリウム 拒否

健康診断でバリウム検査を拒否出来るのでしょうか

スポンサーリンク

40歳を過ぎると健康診断では胃部レントゲン撮影を行うためにバリウムを飲む事になります。
この胃部レントゲン撮影と言うのは、胃の中の異常を発見する目的行われる検査で、会社によっては35歳以上から検査を受けるよう指導している所も在ると言います。
尚、出来れば飲みたくないと考えるのが大半の人で、出来れば拒否出来ないだろうかと考える人も中にはいます。
拒否する事が出来るかどうかは、社則により異なると言われており、社内規定で必ず検査を受ける必要が在ると言う場合には拒否をすることは難しくなりますが、バリウムを飲む事で気持ちが悪くなったり、体調が悪くなると言う人などの場合は、医師に相談をして検査を別の方法で進める事が出来るケースも在ると言います。
スポンサーリンク

健康診断の検査項目の一つでもあるバリウム検査と言うのは、胃の中に隠れた病変を見つけると言った目的が在ります。
但し、胃部レントゲンだけでは十分な検査とならず、病変が在る程度大きくなってから発見されることも在ると言います。
そのため、人によってはバリウムを使った胃部レントゲンだけではなく、胃カメラを利用しての検査を併用する人も居ると言いますし、逆にバリウムは飲むと気持ちが悪くなるので胃カメラで胃の内部の病変を調べたいと言う人もいます。
液体を飲む事で気分が悪くなる人もいれば、最初に飲む発泡剤を口に含んだ瞬間せき込みが酷くなる人もいるので、このような経験を持つ人は代わりの検査方法で健康診断を受診出来るケースも在ります。
スポンサーリンク