健康診断 尿検査 妊娠

妊娠時の健康診断における尿検査の重要性

スポンサーリンク

尿検査は、健康状態がわかるバロメーターです。
健康診断では「尿検査」も、欠かせない項目です。
特に、安全な妊娠をするためにも、大切なことです。
妊娠した時に健康診断で尿検査を受けます。
この目的について、わかりやすく説明いたします。
初診の段階では、妊娠してるか確認します。
妊娠してる場合は、hCGホルモンが分泌されます。
これが、尿に含まれます。
次回からの診察では、糖やタンパクの値を見ます。
この値で、出産に無事に耐えられるかどうかのチェックにもなります。
定期的な健康診断を受けることで、病気や不調などの早期発見・早期治療が可能になります。
尿に異常が現れても、自覚症状が無い事が多いです。
病院で様々な検査を受けることで自分の体調が正確に分かります。
スポンサーリンク

続いては、検査を受けるときの注意点をご説明します。
尿を採る時は、出始めてから少し経った尿を採ります。
すぐに出た尿は、尿道近くの細菌が入ることがあります。
正確な検査をするために重要なことです。
検査の前に甘いものを多量に食べたり、検査の朝に何も食べずに診断を受けると糖が出てしまうことがあります。
適度な食生活を心がけます。
1回の検査で糖やタンパクが出ると、すぐに病気だと判断されるわけではありません。
他の検査を行ったり、何度か検査をしてみます。
妊娠時は、体調が不安定になりやすいですが、お医者さんのアドバイスなどをしっかりと聞き、健康管理をしっかりすることで安全な出産へと近づきます。
初めての出産は、不安がつきものです。
気持ちを安定させることで、健康診断の結果も良好になる可能性があります。
まず、心身のバランスを取ることから意識してみます。
スポンサーリンク