健康診断 バリウム 年齢

40歳と言う年齢になった時は健康診断でバリウム検査が必須

スポンサーリンク

会社では1年に1度の割合で健康診断の受診が義務付けられています。
指定の病院に行って、視力、聴力、血圧、血液検査、尿検査や検便、体重や身長測定、肺のX線などの検査を受診する事になります。
尚、血液検査は30歳を過ぎる事で追加される検査項目で、40歳になるとバリウム検査を受診すると言った年齢により検査項目が追加されます。
また、40歳を過ぎるとメタボ検診が追加されるのが特徴で、40歳と言う年齢は何かと病気が起きやすいなどの理由からも、39歳の時の健康診断とは異なり、検査項目が追加されるのが特徴です。
しかし、健康診断は身体の中に潜む小さな病気の早期発見に繋がることからも、人によっては40歳にならなくても幾つかの検査を追加する人も少なく有りません。
スポンサーリンク

39歳の時はバリウム検査無くても、40歳になることで健康診断では胃部レントゲン撮影のために必要になる検査です。
胃ガンなどの早期発見に役立てることが出来る検査ですが、中には40歳にならない人でもこの検査を受診して自分の健康についての把握をしようと言う人も少なく有りません。
バリウムと言うのはドロドロとした液体で、最初に発泡剤と呼ばれる炭酸の粉を飲み、その後で少量の水を含んで一気に発泡剤を飲み込みます。
この時、ゲップが出そうになりますが、ここは我慢をしていなければなりません。
発泡剤は胃の中を膨らませる作用を持つ薬剤で、これを飲む事で胃袋が膨れてバリウムを飲んだ時に、胃の中に入り込み、レントゲンでバリウムが流れる様子を撮影して、胃の中の異常を確認することが出来る検査なのです。
スポンサーリンク