健康診断書 発行 日数

健康診断書の発行日数

スポンサーリンク

健康診断を受けた後、その結果が記された健康診断書はどれくらいの日数で発行されるのか、気になる人は多いでしょう。
会社で健康診断を受けた時や、ビザ発行のために急遽必要になったとき、また特に就職活動中の学生には時間が限られているため、数日かかるようなら就職活動に支障をきたすこともあります。
では発行にかかる日数としてはどれくらいかかるのでしょうか。
多いところでは即日であったり、1週間以上かかるところが多かったりしますが、国公立の病院で所定の検査をすべて受けた後、健康診断書が発行されるまでの日数は通常、3日から1週間とされています。
ちなみにこの日数は検査の内容や数によって変わってくるので、お急ぎであるならば、病院に聞いてみるのが一番でしょう。
スポンサーリンク

受けた健康診断がいわゆる法定健診であるなら、健康診断の結果が会社の総務担当部門を通じて、産業医に送付されるので1か月以上かかる場合があります。
また、会社で受ける場合でないときの健康診断書は正常、異常の判定として結果が掲載されています。
検査の際に採取した血液や尿などの検体を病院内の検査部門で検査する場合もありますが、血液や便などは通常、専門の検査会社に送られて、その結果が病院に戻されてきます。
その結果を病院で再チェックしたり、X線などのレントゲン写真の画像の判定などをして最終的な結果を健診報告書という形で打ち出す手順になります。
このように、就職活動やビザのためなどのような提出資料として必要な健康診断書は1週間前には健康診断を受けて発行してもらうのが、時間に余裕を持てるでしょう。
スポンサーリンク