健康診断料 消費税

健康診断料には消費税が課税されます

スポンサーリンク

医療に係る多くは、一人一人の健康維持に必要とされているため、医療費の多くは非課税扱いになっているため消費税は含まれていません。
頻繁に耳にする言葉として自由診療と保険診療が在りますが、これらは健康保険が適用するか否かの違いになるのですが、健康保険は国民の健康維持のための医療費を国などが負担をするものであり、患者さんは3割を負担する事で治療を受ける事や医薬品の処方を受ける事が出来るようになっており、これについても非課税扱いとなるので料金には消費税は含まれていないのです。
しかし、入院をする時の差額ベッド代、美容整形や健康診断などについては非課税扱いとはならないのが特徴で、美容整形や健康診断は自由診療と言う事からも除外されているのです。
スポンサーリンク

健康診断料は1年に1度の割合で健康診断を受診した際に支払うお金で、一般的に健康診断料は会社が負担を行っています。
健康診断は会社に勤めている社員に対する健康維持を目的としている検査であり、会社は社員一人一人に健康診断を受診するよう義務付けが行われているのです。
健康診断を受診する本人は、会社が費用負担を行っていますので、支払をすることは少ないのですが、健康診断は健康維持を目的としていても美容整形などと同じく自由診療の取り扱いになるため3割負担となる健康保険が適用しません。
また、健康診断料の費用の内訳には、健康診断での検査料の他に消費税が加算された状態で請求が行われるのが特徴ですが、これは健康保険法に基づかない診療であることからも課税が行われるのです。
スポンサーリンク