指導勧奨による特殊健康診断結果報告書

指導勧奨による特殊健康診断結果報告書について

スポンサーリンク

職場における健康管理として、(1)健康診断の実施とその結果に基づく措置を行うこと、(2)健康状態に悪影響を与える有害因子を解明し、作業方法や作業環境の改善に結びつけること、(3)健康を維持増進して労働適応能力を向上させること、(4)生活習慣の改善を含む健康教育を行うこと、これら4項目が主な目的となります。
職場で発生する疾病は、以前は、作業関係の様々な有害物質などの影響を受け多様な職業病が発生しましたが、近年は、生活習慣病や精神的な疾患が増えています。
 健康管理を推進するために行う健康診断は、法令により義務付けられたものと行政通達により指導勧奨されているものに大きく分けられます法令によるものは、一般健康診断8種類と特殊健康診断9種類があります。
通知で示されている指導勧奨のものは29業務が対象となっています。
スポンサーリンク

指導勧奨による特殊健康診断の対象となる業務は、詳細に規定されています。
事業者は、これらの対象業務に対して行政指導による健康診断の実施の努力義務があります。
指導勧奨による特殊健康診断は、異常が見つかった場合の精密検査を保険診療として一時従業員負担としておき、もし職業性の疾病がみつかれば全額社費や労災保険に切り替えるという対応も可能です。
しかし、従業員負担があると精密検査の受診率が低下してしまう危険性があるため事業者負担されています。
指導勧奨による特殊健康診断結果報告書様式は厚生労働省のHPからダウンロードできます。
申請は電子申請が行えるので、指導勧奨による特殊健康診断結果報告書が機械で読み取りできるよう、印刷に使用する用紙については、白色度80%以上の用紙を使う必要があります。
スポンサーリンク