健康診断前 コーヒー

健康診断前にコーヒーを飲んでいいのかという疑問

スポンサーリンク

コーヒーにはカフェインやビタミンBなど体に大切な栄養素が含まれています。
適量のカフェインをとれば新陳代謝が活性化することで脂肪やコレステロール値の削減を促し、適量のビタミンBをとることで血行促進や老化防止を促す効果があります。
さらに心臓病や肝臓ガン、大腸ガン、口腔ガンを防止する効果もあります。
またコーヒーを飲むということは当然カフェインもとることなので脳や神経を刺激して、適量を飲むなら集中力が増したり頭の回転が早くなったり日々の生活を助けます。
さらに精神を安定させる効果もあり、うつ病の防止や精神上の健康を保つための手助けとなるのです。いろんないい効果もありますよね。
ここでいう適量とは一日3-4杯であり、飲みすぎるとカフェインが脳を刺激しすぎて神経過敏となったり、動悸、不眠症となる恐れがあるので注意が必要です。
スポンサーリンク

さてコーヒーを適量飲むことは体に良いと説明しましたが健康診断前に飲んでもいいのかという疑問が生じます。
答えはNOです。
健康診断前に飲食することにより数値に影響を与えるのは血液検査の中の一つである空腹時血糖値です。
糖尿病の恐れがあるかどうか調べる数値ですが正確な数値が出ないからです。
ですから普通は健康診断当日に食べることだけでなくコーヒーなどを飲むこともは原則禁止されているのです。
では前日のコーヒーはどうかというと寝る前にカフェインをとってしまうと眠れなくなり、睡眠の質が落ちることにつながります。
睡眠不足は血液中のヘモグロビン値の低下につながり、健康診断の結果に影響してしまう恐れが生じるのです。
ですから健康診断前日の就寝前の少なくても4時間前には飲んではいけないのです。
スポンサーリンク