健康診断 朝食 食べた

健康診断時に朝食を食べた場合の問題点と健康診断の他の注意点

スポンサーリンク

健康診断時に朝食を食べないで下さいと注意書きがされていることがあります。
これは、朝食の影響により血糖値や中性脂肪やインスリン等の数値の影響が生じて、正しい健康診断の結果を得ることができないからです。
ただし、これは健康診断の検査内容によっては、朝食が完全に禁止というわけではなく、検査の数時間前であれば食べた場合でも問題ないということもあります。
通常は診断の案内に記載されていますので、検査前に案内をしっかりと読んでおく必要があります。
また、仮に朝食を食べた場合には、医師の診断時や受付時に申し出る必要があります。
場合によっては、正確な診断が不可能となり後日検査をすることになる場合もありますので、注意が必要になります。
スポンサーリンク

朝食以外に健康診断時において注意することは、喫煙についてです。
喫煙をすると煙草になかのニコチンによって血管を収縮させるうえに、血圧の検査において悪い意味での影響が生じてしまいます。
そのため、健康診断の当日は喫煙をせずに、正しい結果が得られるようにする必要があります。
また、水は飲んでもよいですが、珈琲や清涼飲料水等はカフェインや糖分が結果に影響しますので、正しい結果が得られなくなる可能性があり、摂取をひかえたほうがよいです。
さらに、カロリーゼロやオフの清涼飲料水も厳密にはカロリーが全くないわけではなく、糖分が含まれてしますので、摂取はしない方がよいです。
そして、前日の飲酒も中性脂肪や肝機能等に影響を与えますので、控えたほうがよいです。
スポンサーリンク