健康診断 受け方 個人

個人での健康診断の受け方について

スポンサーリンク

健康診断については、勤め先や各市町村で、無料で実施しているのが一般的です。
そこで、勤め先ならその日程に従って、各市町村なら、その機関に対象となる医療機関で受けることになります。
しかし、個人的に事業を行っている場合には、勤め先で受けるというわけにはいきませんし、各市町村では、実施期間が決まっています。
もちろん、その日程なり期間なりに受けることができればよいのですが、急遽、診断書が必要になることもあります。
また、基本的には勤め先などで実施されたものに対して、随時診断書の作成を依頼できるのですが、これでは、必要な受診項目が満たされていないということもあります。
このようなときには、個人的に健康診断を受けることが必要になります。
スポンサーリンク

各市町村での診断を請け負っている医療機関では、その期間以外でも、自己負担での診断を依頼できることが少なくありません。
そこで、受け方としては、まずはそのような医療機関に問い合わせをすることになります。
また、上のような必要性を考慮すると、その時々で必要な診断書のフォーマットが指定されていることがあります。
これにより、診断項目が異なることも考えられます。
そこで、適切な診断の受け方としては、問い合わせ時、および、医療機関での受付時に、このようなフォーマットを提示、あるいは提出して、必要とする診断書が適切に作成されるようにすることが重要です。
このような診断では、専門的な項目が含まれることが多いので、比較的大きな医療機関を利用することになります。
スポンサーリンク