健康診断 前日 食事 メニュー

健康診断の前日の食事メニューについて

スポンサーリンク

健康診断は、現在の身体の状態を診断するものなので、前日だけ食事を普段とは変えてヘルシーにしたり、飲酒を避けたりする必要はなく、普段通りの食事メニューにするようにします。
たった一日食べ物の内容を変えたところで、健康診断の結果には大きく変化はありません。
前日の夕食は何時までに済ませる、朝食は食べないで検診を受ける、などといった注意事項がある場合は、きちんと守るようにします。
そうしないと、正しい健康診断の結果が出ない場合や、受けることができなくなってしまう検査もあるからです。
食事の内容を気を付けるのであれば、前日や数日前からだけ気を付けるのではなく、普段から食事メニューの内容を気を付けることが大切です。
スポンサーリンク

普段からバランスの良い食事をとることは、生活習慣病を防ぐことにもつながります。
野菜や食物繊維を多く含む食材を積極的に摂取したり、貧血気味な人は、鉄分の多い食材を意識して摂るようにします。
アルコールを多く飲む人は、脂肪肝などになる可能性も高いので、普段から飲む量を減らしたり、休肝日を作ったりと、毎日の生活の送り方がとても大切になってきます。
喫煙をする人は、肺に異常が出る可能性が高くなりますし、脂っこい食べ物ばかりとっている人は、コレステロールが高くなったり、肥満と診断されることもあります。
健康診断は、その日の状態が良ければよい、というものではなく、現在の自分の健康状態をみるものですから、普段の食べ物や生活のまま検診をうけて、その結果異常や注意事項がみつかれば、改善するよう努力をするようにします。
スポンサーリンク